大和市の消化器科・外科・小児科

当クリニックの多言語対応について(2020年6月1日現在)

ホームページの「特記事項」の中に多言語対応の言語について表記しておりますが、よりわかりやすいように書き記しました。
・受付での対応:、受付窓口および電話での対応は英語、フィリピン語(タガログ語)についてはクリニック診療時間中はお受けできます。
・診察の場での言語別対応について
 英語についてはフィリピン人スタッフ、受付スタッフ1名、院長、副院長が対応可能です。
 フィリピン語(タガログ語)についてはフィリピン人スタッフが常駐しております。
 スペイン語については院長およびフィリピン人スタッフが対応いたしますので診療時間中は受け入れ可能です。しかし、込み      入った話まで通訳できる能力はありません。症状の聞き取り、診療の内容、検査の説明、薬の使い方などはスペイン語     で行うことができます。
 タイ語については院長が対応いたしておりますので診療時間中は受け入れ可能です。込み入った話には対応ができませんが、      診療のおよその内容、症状の聞き取り、検査の説明、薬の説明程度は行うことができます。
     毎週土曜後にタイ人スタッフが参ります。込み入った話まで必要な方は土曜日に来院なさってください。
 韓国語については副院長が対応いたしますので、診療時間中は対応可能です。
 ベトナム語については一カ月に一度、土曜日にベトナム人スタッフが来ております。8時50分から11時ぐらいまでにおいでくだ    さい。スタッフ来院日については毎月「特記事項」の中に書き込んでございますのでご覧ください。
・疑問点がありましたらお問合せください。
・当クリニックでは通訳の費用はいただいてはおりませんのでご安心ください。
 

Previous post発熱している患者さんはまずは電話にてご連絡ください。 Next post海外渡航のための英文診断書の作成およびPCR検査について