大和市の消化器科・外科・小児科

海外渡航のための英文診断書の作成およびPCR検査について

本年7月より海外渡航がビジネスマン等限定的に解除されたことに伴い、渡航先の大使館や航空会社等に対して書類の提出が義務付けられています。まずはお電話をください。いずれも予約が必要となります。パスポートをお持ちください。
1. 英文診断書だけが必要な場合・・診断書は来院当日にお渡しします。税込み8670円となります
2. 英文診断書(PCR検査結果を含む)が必要な場合・・夕方5時までにPCR検査を行うと結果は翌日の午前9時にわかります。英文診断書も同時にお渡しできます。税込み28470円となります。
1.2.ともに費用は他の医療機関に比較し、低く設定してあると思います。これは「安いからいい加減」なのではありません。誤解なさらないでください。個人や会社の社員が海外に行くためには1.2のどちらかが必ず必要となります。医療機関としてはお金は高くいただけたらそれに越したことはありませんが、新型コロナの騒動で経済的打撃を被っているのは個人も会社も同じです。このような時は互いに助け合わねばなりません。「人の足元を見るような」ことはすべきではないという私の信念に基づいた金額設定とお考えください。

追記 搭乗前、何時間以内の英文診断書やPCR検査が必要なのかは国によって異なります。まずは渡航国の在留大使館でご確認ください。またタイやベトナムは大使館により診断書の様式が定められおり、記載事項に日本国内の住所、渡航先の住所があります。渡航国の住所については14日間の隔離されるホテルがすでにわかっている場合はその情報も書き込みますので、検査の日にお知らせください。指定の様式の用紙は当クリニックにございます。

Previous post当クリニックの多言語対応について(変更があればその都度更新いたします) Next postMedical certificate written in English with or without PCR exam.