大和市の消化器科・外科・小児科

米国ハワイ州に渡航の方の書類も書くことができるようになりました。

11月8日より米国への入国基準が変わりました。新型コロナワクチン接種を受けたという厚労省発行のいわゆるワクチンパスポートを所持している方にとっては「搭乗72時間以内のteal time pcrが陰性であるという英文証明書を所持し、なおかつ入国時の抗原検査で陰性」という条件の下、入国後の隔離はなくなりました。これに伴い、ハワイ州は書類作成の医師を指定するなど独自の入州規定を設けていましたが、11月8日からは米国の入国基準をもって入州基準とすることになりました。したがって、当クリニックでもハワイ州に行く方の書類を作成することができるようになりました。

Previous post今年度インフルエンザワクチンの予約はすでに納入確約分については10月8日をもって終了いたしました。 Next post12月3日米国CDC発表 米国入国のためのPCR検査は前日の日付のもの、当日日付のもののみ有効となりました。